「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語

2015.10.30


2015年10月30日発売

2015年11月30日重版決定



Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64位(11月13日17時頃)
1位 ─ 本 > ビジネス・経済 > マーケティング・セールス > 一般
1位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 企業経営 > 一般
2位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 経営学・キャリア・MBA
5位 ─ 本 > ビジネス・経済
アマゾンで注文する

楽天ブックス日別ランキング(11月13日)
1位 工学
2位 ビジネス・経済・就職
楽天ブックスで注文する

紀伊国屋書店デイリーランキング
19位ー11月7日
28位ー11月13日
紀伊国屋書店で注文する

文教堂 週間ランキング ビジネス書
12位ー11月10日
11位-11月11日

hontoランキング
1位ーその他製造業(11月11日)
1位ー生活家電の本(11月11日)
hontoネットストアで注文する

ブックファースト ベストセラーランキング
2位ービジネス書(11月2日~8日)
e-honで注文する

ステンレス魔法瓶が日本の発明品であることをご存じでしょうか?

あまり知られていないことですが、ステンレス魔法瓶は、日本で最も大きな工業用ガスメーカーであった日本酸素株式会社(現在は大陽日酸)が世界で初めて開発しました。

ところが、消費財ビジネスに慣れない日本酸素株式会社魔法瓶事業部は、パイオニア企業であるにも関わらず、長い間、日本で3位の位置に甘んじていました。

バブルが崩壊し、あらゆる企業が「選択と集中」を志向する中、日本酸素株式会社は、魔法瓶事業部を「身売り」か「廃業」を視野に入れた構造改革の対象としていました。

しかし、同社の魔法瓶事業部は、「身売り」されることもなく「廃業」になることもなく、営業改革を成し遂げ、魔法瓶の世界シェアトップ企業であるサーモス株式会社になっていきます。

あの小さな事業部が、どのようにして世界シェアトップ企業となっていったのか。

この物語は、サーモス(THERMOS)の知られざる奇跡を描いています。

【目次】

★Story 1幕
廃業寸前のお荷物事業部【断末魔の空気】

 噂は本当だった
 はじめての担当先
 誰も発言しない会議
 みんな、逃げてしまう
 救世主がやってきた?
★Story 2幕
ぼくたちが変わったきっかけ【問題提起】

 このままでいわけない
 戦略って何だろう
 うちには戦略がない?
 今までの営業は全部間違っていた
 世界一になってやる!
★Story 3幕
負け犬たちの逆転案【戦略策定】

 現状を理解しよう
 後追いの製品づくり
 代理店任せの営業
 これは無理、絶対勝てない、すべてで負けている
 崖っぷちの逆転案
★Story 4幕
顧客がみえてきた【変化の連鎖】

 全国営業会議、紛糾する
 技術部が変わった
 差別化大作戦
 最終顧客に接近せよ
 営業部が変わり始めた
★Story 5幕
弱小事業部の底力をみせる時だ【常勝のサイクル化】

 2位を奪取せよ!
 トップ営業になる秘訣
 ヒット商品の作り方
 新世紀を迎える前に
 その時、世界が変わった
 門出


この物語は、事実をもとにしています。

著者は、1989年から2003年まで日本酸素株式会社サーモス事業部(2001年からはサーモス株式会社)に所属し、営業職についていました。

その時に経験したことや、見聞したことをもとに、この物語を書きました。

著者が入社し配属された頃のサーモス事業部は、この物語にある通り、ステンレス魔法瓶の開発企業であるにも関わらず、長く日本三位に甘んじていました。身売りや廃業がささやかれていたのも事実です。

そのダメ事業部が、わずかの期間に世界トップに駆け上がっていきました。

この本を書いたのも、一人でも多くの人に、あのすばらしい経験を伝えたいという動機からです。この本を読んで、元気がでた、前向きになれたという方がいてくだされば、こんなにうれしいことはありません。

「あとがき」より

アマゾンで注文する



2015年10月30日発売

2015年11月30日重版決定



Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64位(11月13日17時頃)
1位 ─ 本 > ビジネス・経済 > マーケティング・セールス > 一般
1位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 企業経営 > 一般
2位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 経営学・キャリア・MBA
5位 ─ 本 > ビジネス・経済
アマゾンで注文する

楽天ブックス日別ランキング(11月13日)
1位 工学
2位 ビジネス・経済・就職
楽天ブックスで注文する

紀伊国屋書店デイリーランキング
19位ー11月7日
28位ー11月13日
紀伊国屋書店で注文する

文教堂 週間ランキング ビジネス書
12位ー11月10日
11位-11月11日

hontoランキング
1位ーその他製造業(11月11日)
1位ー生活家電の本(11月11日)
hontoネットストアで注文する

ブックファースト ベストセラーランキング
2位ービジネス書(11月2日~8日)
e-honで注文する

ステンレス魔法瓶が日本の発明品であることをご存じでしょうか?

あまり知られていないことですが、ステンレス魔法瓶は、日本で最も大きな工業用ガスメーカーであった日本酸素株式会社(現在は大陽日酸)が世界で初めて開発しました。

ところが、消費財ビジネスに慣れない日本酸素株式会社魔法瓶事業部は、パイオニア企業であるにも関わらず、長い間、日本で3位の位置に甘んじていました。

バブルが崩壊し、あらゆる企業が「選択と集中」を志向する中、日本酸素株式会社は、魔法瓶事業部を「身売り」か「廃業」を視野に入れた構造改革の対象としていました。

しかし、同社の魔法瓶事業部は、「身売り」されることもなく「廃業」になることもなく、営業改革を成し遂げ、魔法瓶の世界シェアトップ企業であるサーモス株式会社になっていきます。

あの小さな事業部が、どのようにして世界シェアトップ企業となっていったのか。

この物語は、サーモス(THERMOS)の知られざる奇跡を描いています。

【目次】

★Story 1幕
廃業寸前のお荷物事業部【断末魔の空気】

 噂は本当だった
 はじめての担当先
 誰も発言しない会議
 みんな、逃げてしまう
 救世主がやってきた?
★Story 2幕
ぼくたちが変わったきっかけ【問題提起】

 このままでいわけない
 戦略って何だろう
 うちには戦略がない?
 今までの営業は全部間違っていた
 世界一になってやる!
★Story 3幕
負け犬たちの逆転案【戦略策定】

 現状を理解しよう
 後追いの製品づくり
 代理店任せの営業
 これは無理、絶対勝てない、すべてで負けている
 崖っぷちの逆転案
★Story 4幕
顧客がみえてきた【変化の連鎖】

 全国営業会議、紛糾する
 技術部が変わった
 差別化大作戦
 最終顧客に接近せよ
 営業部が変わり始めた
★Story 5幕
弱小事業部の底力をみせる時だ【常勝のサイクル化】

 2位を奪取せよ!
 トップ営業になる秘訣
 ヒット商品の作り方
 新世紀を迎える前に
 その時、世界が変わった
 門出


この物語は、事実をもとにしています。

著者は、1989年から2003年まで日本酸素株式会社サーモス事業部(2001年からはサーモス株式会社)に所属し、営業職についていました。

その時に経験したことや、見聞したことをもとに、この物語を書きました。

著者が入社し配属された頃のサーモス事業部は、この物語にある通り、ステンレス魔法瓶の開発企業であるにも関わらず、長く日本三位に甘んじていました。身売りや廃業がささやかれていたのも事実です。

そのダメ事業部が、わずかの期間に世界トップに駆け上がっていきました。

この本を書いたのも、一人でも多くの人に、あのすばらしい経験を伝えたいという動機からです。この本を読んで、元気がでた、前向きになれたという方がいてくだされば、こんなにうれしいことはありません。

「あとがき」より

アマゾンで注文する


blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ