メッセージ



会社が頼み込んでも残ってほしい営業になる

経済規模の縮小が余儀なくされるこれからの日本で、どのような営業が生き残っていけるのでしょうか。

いや、そもそも営業という仕事は、これからも必要とされるのでしょうか。

AIの時代でも、営業という仕事はなくならない


AI(人工知能)は加速度的に進化しており、近い将来、知的労働の多くを代替してしまうといわれています。

特にマーケティングやセールスの分野は、AIとの相性がよいと考えられており、実験的に採り入れる会社のニュースを聞くようになりました。

営業部門をすべてAIに任せてしまう。という先駆的な会社が現れることもそう遠くないと考えます。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

ソースコード.jpg

いま、営業の仕事をしている方は「人間でしかできない仕事」があることを知っているはずです。

もしライバル会社が、営業をすべてAIに置き換えたとしたら、さほど脅威ではなくなるはずです。

しかしAIに置き換えられる部分もある


AIが進化し、マーケティングやセールスの世界に採り入れられたとしても、営業という仕事は残ると多くの識者が考える根拠がここにあります。

ただし、営業の仕事の中にも、AIが手掛けた方が的確だと思えるような部分があります。

そして、人間が手掛けた方が、AIよりも優れているという部分があります。

どこが人間しかできない仕事なのか。どこがAIに置き換えた方がいい仕事なのか。

まずは、それを見極めなければなりません。

営業マネージャーとして生き残れるのは、ごく少数

技術の進化によって劇的に社会が変わろうとしている今日、われわれがしなければならないのは、いま自分がやっている仕事をもう一度正確に理解することです。

営業のプレゼン資料.jpg

営業は、プロセスに分解できます。

そのプロセスごとの仕事内容を精査してみると、人間でしかできない仕事、AIに任せるべき仕事が霜降り肉のように重なり合っていることがわかるはずです。

これからの時代、営業マネージャーとして生きていけるのは、自社の営業プロセスをよく理解し、AIの進化過程ごとに、そのプロセスを設計しなおしできる人です。

おそらく、AIが発達すると、一人のマネージャーがマネジメントできる人数は大幅に増えるはずです。だから、ごく少数の営業マネージャーと、多数の現場営業担当者に振り分けられます。(もちろん報酬体系も相当の格差ができるでしょう)

自社の営業の仕組みを最も理解している人が、営業マネージャーとして生き残っていくでしょう。

現場担当者どうしでも、能力の格差が明白になる

同時に、現場営業担当者は、AIによるモニタリングが強化され、成績と行動の相関が明白となります。

つまり、できる営業とできない営業が、一目瞭然となります。(だから同僚との格差も広がります)

ここでも重宝されるのは、人間にしかできない仕事を鍛え、強化し、努力する営業担当者です。

AIの命じるままに行動するだけの営業になるのか。あるいは自分の特徴を理解し、強みとして自社の営業プロセスの中で活かせる営業になるのか。

それが、会社が頼み込んでも残ってほしい営業になる分かれ道だと考えます。

営業担当者が学ばなければならない3つの内容


営業に必要なものとは、下記の3つです。

(1)戦略的思考力。少なくとも、会社が進める戦略方向性を理解咀嚼し、自分の行動と結びつけられる思考力。

(2)営業の理解力。自社の営業がどのようなプロセスで組み立てられており、それを動かすにはどのような知識やスキルが必要かを理解する力。

(3)現場推進力。自社営業プロセスを動かし、実践する能力。特に、自分自身や顧客、あるいはその他の人間を理解し、動かす力。自己管理能力と、対人能力。

これは、いま現在も、AIが進化していくこれからも変わりません。

営業のプレゼン風景.jpg

株式会社クリエート・バリューは、様々な形で、これらの3つを学ぶ機会提供したいと考えています。

かつての私が、営業担当者として何度も心が折れそうになった時、力づけられた先人や先輩たちのような存在。

営業という仕事を通じて、よりよい社会を作りたいと考える人を支援できる存在。

そういう存在でありたいと考えています。

会社が頼み込んでも残ってほしい営業を育てたいと考える会社の方へ

営業が強い。とは、営業という人間そのものが、優秀であることを意味しています。

営業は生来の才能やセンスではなく、毎日の積み重ねで成長していくものです。

だから会社が優秀な営業を育てることは、会社の強みを作ることです。

人材育成には時間がかかります。だからこそ、優等な営業力は、他者に真似できない強みとなります。

株式会社クリエート・バリューでは、優秀な営業を育てるための様々な研修やセミナーを用意しています。

企業研修のご案内

これらを社内セミナーとして活用ください。

さらに日々の積み重ねとして、社内での営業勉強会も用意しています。

定期的に、営業担当者の意識を高めるためには、最適なメニューです。

社内勉強会のご案内


また「顧問契約」を締結すれば、社内勉強会を含めて経営や営業に関する支援をさせていただけます。

顧問契約のご案内


会社の営業プロセスを根本から見直し、立て直したいときは、コンサルティングを受けてください。

営業コンサルティングの案内

頼み込んでも残ってほしい優秀な営業を育て、誰にも模倣されない強みとしてください。




blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

blog

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ