営業の「見える化」研修

2015.09.06

【研修のねらい】

営業の見える化とは、実際の現場に立ち会っていなくても、「自社の顧客がどのような人たちか(顧客リスト)」「自社の営業がどのように活動をしているか(営業のプロセス)」をわかるようにすること。

この研修では、営業の見える化を実現することで、営業の結果である売上高や利益の高い精度での予測、コントロールを可能にします。

 

◇内容(約6時間)

1.見える化の必要性

     1)売れない時代に売るためには営業を見える化せよ

            2)見える化すると売上高や利益高が予測できるようになる

    3)見える化すると営業成績を上げる方法が分かるようになる

    4)見える化のための2つの方向性


2.「顧客の見える化」

    1)顧客ターゲットを見える化する

    2)顧客リストに優先順位をつける

    3)顧客ごとの目標設定

    4)引き合い案件を見える化する


3.「営業行動の見える化」

    1)営業行動プロセスを見える化する

    2)プロセスごとに行動内容を設計する

    3)営業行動を数値化し記録する

    4)営業行動の検証と改善方法


4.見える化したものの活かし方

    1)「営業マニュアルの設計」に活かす

    2)「売上高利益高の予測」に活かす

    3)「営業成績の向上」に活かす

    4)「部下の指導」に活かす
    
    5)「営業の評価」に活かす



 【準 備 物】

ホワイトボード、プロジェクター、スクリーン


■費用:お問合せください


お問い合わせはこちら 



【研修のねらい】

営業の見える化とは、実際の現場に立ち会っていなくても、「自社の顧客がどのような人たちか(顧客リスト)」「自社の営業がどのように活動をしているか(営業のプロセス)」をわかるようにすること。

この研修では、営業の見える化を実現することで、営業の結果である売上高や利益の高い精度での予測、コントロールを可能にします。

 

◇内容(約6時間)

1.見える化の必要性

     1)売れない時代に売るためには営業を見える化せよ

            2)見える化すると売上高や利益高が予測できるようになる

    3)見える化すると営業成績を上げる方法が分かるようになる

    4)見える化のための2つの方向性


2.「顧客の見える化」

    1)顧客ターゲットを見える化する

    2)顧客リストに優先順位をつける

    3)顧客ごとの目標設定

    4)引き合い案件を見える化する


3.「営業行動の見える化」

    1)営業行動プロセスを見える化する

    2)プロセスごとに行動内容を設計する

    3)営業行動を数値化し記録する

    4)営業行動の検証と改善方法


4.見える化したものの活かし方

    1)「営業マニュアルの設計」に活かす

    2)「売上高利益高の予測」に活かす

    3)「営業成績の向上」に活かす

    4)「部下の指導」に活かす
    
    5)「営業の評価」に活かす



 【準 備 物】

ホワイトボード、プロジェクター、スクリーン


■費用:お問合せください


お問い合わせはこちら 



ニュース

blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

blog

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ