なぜ落合博満はブレないのか?

2011.12.01

(2011年12月1日メルマガより)


■ついに2011年のプロ野球シーズンが終わりました。

今年は震災の影響から、開幕が遅れたので、11月中旬までシーズンだったこ
とになります。

思えば、開幕の日程変更問題で、日本プロ野球選手会会長の新井貴浩が奔走
したのが、今年のことです。

「11月まで野球をやってもいい」と新井が言った通りの結果となりましたね。

できれば、日本シリーズでもその新井に大活躍してほしかったのですが、そ
んな劇的なドラマは起こりませんでした...

■普段は、阪神タイガース以外の試合は観ない私ですが、今年の日本シリー
ズは(全部ではありませんが)観ることとなりました。

果たして、内容の濃い試合が第7戦まで続くこととなりました。

シリーズ進出チームのファンでなくても、楽しめる内容でしたよ。

■今回の日本シリーズがこれほど濃い内容になったのは、中日ドラゴンズの
意外な頑張りに負うところが多いというのが大勢の意見です。

なにしろ、チーム打率にしろ、ホームラン数にしろ、防御率にしろ、ソフト
バンクホークスの数字は圧倒的でした。

基礎的な戦力比較からみれば、ホークスの4勝0敗でもおかしくなかったはず。

それでも、シリーズが異様な緊張感で進んでいったのは、中日ドラゴンズが、
その持ち味を十分に発揮したからでした。

シリーズ後の報道を見ても、ドラゴンズをとりあげた内容の方が多いと感じ
るのですが、いかがでしょうか。

これはやはり、今年限りで退任する落合博満監督に対する興味が、多くの人
たちを惹きつけるからではないでしょうか。

■落合博満監督は、2004年に中日ドラゴンズの監督に就任し、その年い
きなり優勝。その後、今年に至るまで8年間で4回優勝しています。しかも、
その8年間、一度もBクラス(4位以下)にならなかったという脅威の成績
を残しています。

巨人の川上哲治(14年間で優勝11回)、西武の森祇晶(9年間で優勝8
回)に次ぐ成績です。

ちなみによく比較される野村克也監督のヤクルト時代の成績は、9年間で優
勝が4回。ただし、Bクラスも4回です。

一体、落合博満とは、どういう人なのでしょうか。

■落合監督が神秘的なのは、彼が余計な情報をマスコミに与えないことにも
一因があります。

これは、饒舌に語ることで、マスコミをうまく利用する野村克也監督とは、
全く違うスタイルです。

秘密主義ともとれる徹底した情報管理をとりながら、実績を上げるものだか
ら、我々としては知りたくなりますな。

野球人は、試合で結果を出せばいいのだ、という姿勢があるのでしょうが、
その試合中も表情が乏しく、感情の起伏を感じさせません。

一体、腹の中では、何を考えているのだ、と知りたくなりますよね。

■落合博満の「采配」という著書が出ています。
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4478016267/lanchesterkan-22/ref=nosim

タイミングのいいことで。私など、喜んで、買ってしまいました^^

非常に興味深い本です。

ただし、ここには題名の通り、野球の采配に関する戦術論が書かれているわ
けではありません。

どちらかというと、落合氏の監督として野球人としての心構えや基本的な考
え方、原理原則について書かれています。

だから、一面、抽象的でもありながら、一般人にも応用できる普遍的な知恵
に満ちた本となっています。

■落合博満という人物を見るとき、やはり印象としての残るのは、芯の通っ
たブレのない姿勢です。

寡黙だからそう感じるのかと思っていたら違いました。

この本を読んでも、そのブレのなさは際立ちます。

それは、自分の目標を明確に規定した人間の強さです。

■要するに、彼は、自分の目標を「優勝すること」だと規定し、それにつな
がらないことは、徹底して排除しようとします。

極端に言えば、優勝という目標のためには、選手の個人成績も、マスコミへ
の対応も、ファンサービスも、観客動員も関係ないという姿勢です。

だから、WBCやオリンピックへの協力も、ペナントレースの勝利のために
は必要ない。

そのあたりの姿勢が、一般のファン(特に中日以外)や、経営側と摩擦を生
じようとも意に介しません。

ペナントレースと日本シリーズで優勝するためには、その他の多くのことを
犠牲にしなければならないという決意は徹底しています。

■その象徴が、2007年の日本シリーズ第5戦で、完全試合目前の山井投
手を下げて、岩瀬投手をリリーフに出したことです。

落合監督はこの試合に勝てなければ、シリーズの流れが変わると読んでいた
ようです。

だから、どうしても勝ちたかった。

ただし、日本シリーズで完全試合を成し遂げて、そのまま優勝するという史
上初の快挙も重要です。

あの時、多くのファンや野球人が、山井投手の続投を望んでいたことでしょう。

うがった見方をすれば、もし、山井続投が裏目に出て、そのままシリーズを
落とすようなことがあっても、落合監督の采配を責めるような場面ではあり
ませんでした。(たとえ、山井投手のマメがつぶれて、限界がきていたとし
ても)

それでも彼は、自分の信念を曲げずに、勝利に向けた最善の策をとりました。

これが落合野球そのものです。

■落合氏は「勝利の方程式」という便利な言葉にも疑問を呈しています。

たとえば、阪神タイガースでいえば、藤川球児を出して、負けたのなら仕方
がないという風潮があります。

なぜなら、それがタイガースの勝利の方程式だから。そこまで持ち込んだら、
後は監督の責任ではないという考えです。

しかし、落合監督は、そんなのは監督の責任逃れに過ぎない。と言います。

どんな状況であろうと、負けは監督の責任である。それならば、監督は、方
程式などに逃げずに、その時、その時の最善の策をとるべきだと。

ファンが納得する、ましてや評論家が納得するなど関係なし。最善の策は自
分で決めるという信念です。

これがオレ流というものならば、全くもって正論です。

■こういう人は強いですよ。

なにより、揺るぎない目標を持っている。

目標の明確さが、そのまま信念の強さとなっています。

要は、自分の目標を貫けるかどうか、ぶれないかどうかです。

これは、我々一般人にも大いに教訓となります。

どんな目標であれ、明確に定めた者は、判断が揺るぎません。

まさに「成果を上げる唯一の秘訣は、成果とは何かを知ることである」

よきにつけ、悪しきにつけ、我々の成果は、最初の目標に規定されるわけです。

■だから、最初の目標が大切になります。

ただし、多くの人は、その目標を決めきれずに逡巡しています。

間違った目標決めをすると、取り返しがつかないと思うからですね。

私にもそういう傾向がありますので偉そうなことはいえません。

でも、成果を得られるのは、目標を明確にした者だけだというセオリーを真
剣に捉えなければなりませんね。

私に言っておきます。

■落合博満も、野村克也も、若いうちに明確な目標を持った人たちです。

ところが、落合監督と野村監督では、その目指すところが微妙に違うらしい。

落合監督は、勝利を提供することこそが、ファンに報いることだと考えてい
ます。

野村監督も同じでしょうが、彼は、同時にプロらしいプレーや采配を見せる
ことがファンに報いることだと考えているようです。

どちらかというと落合監督は結果優先、野村監督はプロセス優先ですかね。

もっともこれは二人の自己顕示欲の性質の違いかも知れません。

私は「目的」を明確にすることが戦略的思考の重要要素だと考えていますが、
それは相当、人間個人の本質に根ざしたことなのでしょうね。

■プロ野球は長らく、日本におけるプロスポーツの王様でした。

だから、プロ野球選手になれるのは、日本でも有数の基礎体力と才能を持っ
た人たちです。

その中でも、一流になれる人、なれない人たちが存在します。それは、単に
才能の大小ではないはずです。

ドラフト3位でロッテに入団した落合博満も、テスト生で南海に入団した野
村克也も、当初からトップクラスの資質を持っていたわけではないでしょう
から、決して恵まれていたわけではありません。

才能に任せて漫然と野球をしているだけなら、決して一流にはなれいことを
彼らは知っていたことでしょう。

だから、目標を明確に定め、そこに向かって一点集中しなければならなかっ
たはずです。

その過程では、家庭を犠牲にしなければならなかったのかも知れません。あ
るいは、その他の才能や可能性を犠牲にしたのかも知れません。

それでも、目標に集中しなければ、成し遂げられないと彼らは感じ、それを
守ってきた。

その結果が、今の彼らを形作っているはずです。

落合博満は、3度も三冠王をとりました。

並大抵のことではないですが、もしかすると、落合氏の中には、記録など形
になるものを残そうという意識が強いのかも知れません。

だから、記録という結果に残らないものは、排除するようになったわけです。

これに対して、野村克也は、王、長嶋というスター選手の影で、記録よりも
記憶に残る選手への憧れがあったのでしょう。

だから「どうせおれは月見草」とかいって、屈折した自己顕示欲を見せてい
ます。

それがユーモラスである時もあれば、生臭い時もありますが。

■落合監督と野村監督では、目標を実現する手法にも違いがあります。

野村監督は、戦力の差を、頭を使った奇策や奇襲で補おうとする「弱者の兵法
を得意としています。

これが私からすれば、非常に興味深く、面白い部分です。

ところが落合監督は、著作を読む限り、愚直なほど基本に忠実です。

彼は、勝率を高めるためには、奇策に頼るのではなく、普段通りの野球を続
けて勝てることが大切だと考えました。

普段通りの野球をして勝ち続けるためには、戦力を高めなければなりません。

そこで戦力を高めるための準備(キャンプでの徹底した練習や、調子のいい
選手の選択)を重視しています。

大雑把な分け方ではありますが、野村監督は弱者の戦略、落合監督は強者の
戦略ということになります。

そういえば、川上哲治監督も、森祇晶監督も、強者の戦略を志向しています。

野村監督が名将でありながら、記録として分が悪いのもうなづけます。

■もっとも「采配」という本には、戦術面のことが書かれていません。

基礎的な戦力勝負では、ソフトバンクに太刀打ちできなかったはず。

ということは、落合氏の野球の「基礎的戦略」には、数字に表れない独特の
視点があるのです。

恐らく、今後も監督の声がかかる可能性のある落合氏ですから、そのあたり
の秘密は明かさないのでしょう。

やはり、監督の戦術を明かすこともファンサービスの一環だ、と考える野村
監督とは違いますね。

勝負師としての落合監督の現場復帰を楽しみに待ちましょう。



(2011年12月1日メルマガより)


■ついに2011年のプロ野球シーズンが終わりました。

今年は震災の影響から、開幕が遅れたので、11月中旬までシーズンだったこ
とになります。

思えば、開幕の日程変更問題で、日本プロ野球選手会会長の新井貴浩が奔走
したのが、今年のことです。

「11月まで野球をやってもいい」と新井が言った通りの結果となりましたね。

できれば、日本シリーズでもその新井に大活躍してほしかったのですが、そ
んな劇的なドラマは起こりませんでした...

■普段は、阪神タイガース以外の試合は観ない私ですが、今年の日本シリー
ズは(全部ではありませんが)観ることとなりました。

果たして、内容の濃い試合が第7戦まで続くこととなりました。

シリーズ進出チームのファンでなくても、楽しめる内容でしたよ。

■今回の日本シリーズがこれほど濃い内容になったのは、中日ドラゴンズの
意外な頑張りに負うところが多いというのが大勢の意見です。

なにしろ、チーム打率にしろ、ホームラン数にしろ、防御率にしろ、ソフト
バンクホークスの数字は圧倒的でした。

基礎的な戦力比較からみれば、ホークスの4勝0敗でもおかしくなかったはず。

それでも、シリーズが異様な緊張感で進んでいったのは、中日ドラゴンズが、
その持ち味を十分に発揮したからでした。

シリーズ後の報道を見ても、ドラゴンズをとりあげた内容の方が多いと感じ
るのですが、いかがでしょうか。

これはやはり、今年限りで退任する落合博満監督に対する興味が、多くの人
たちを惹きつけるからではないでしょうか。

■落合博満監督は、2004年に中日ドラゴンズの監督に就任し、その年い
きなり優勝。その後、今年に至るまで8年間で4回優勝しています。しかも、
その8年間、一度もBクラス(4位以下)にならなかったという脅威の成績
を残しています。

巨人の川上哲治(14年間で優勝11回)、西武の森祇晶(9年間で優勝8
回)に次ぐ成績です。

ちなみによく比較される野村克也監督のヤクルト時代の成績は、9年間で優
勝が4回。ただし、Bクラスも4回です。

一体、落合博満とは、どういう人なのでしょうか。

■落合監督が神秘的なのは、彼が余計な情報をマスコミに与えないことにも
一因があります。

これは、饒舌に語ることで、マスコミをうまく利用する野村克也監督とは、
全く違うスタイルです。

秘密主義ともとれる徹底した情報管理をとりながら、実績を上げるものだか
ら、我々としては知りたくなりますな。

野球人は、試合で結果を出せばいいのだ、という姿勢があるのでしょうが、
その試合中も表情が乏しく、感情の起伏を感じさせません。

一体、腹の中では、何を考えているのだ、と知りたくなりますよね。

■落合博満の「采配」という著書が出ています。
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4478016267/lanchesterkan-22/ref=nosim

タイミングのいいことで。私など、喜んで、買ってしまいました^^

非常に興味深い本です。

ただし、ここには題名の通り、野球の采配に関する戦術論が書かれているわ
けではありません。

どちらかというと、落合氏の監督として野球人としての心構えや基本的な考
え方、原理原則について書かれています。

だから、一面、抽象的でもありながら、一般人にも応用できる普遍的な知恵
に満ちた本となっています。

■落合博満という人物を見るとき、やはり印象としての残るのは、芯の通っ
たブレのない姿勢です。

寡黙だからそう感じるのかと思っていたら違いました。

この本を読んでも、そのブレのなさは際立ちます。

それは、自分の目標を明確に規定した人間の強さです。

■要するに、彼は、自分の目標を「優勝すること」だと規定し、それにつな
がらないことは、徹底して排除しようとします。

極端に言えば、優勝という目標のためには、選手の個人成績も、マスコミへ
の対応も、ファンサービスも、観客動員も関係ないという姿勢です。

だから、WBCやオリンピックへの協力も、ペナントレースの勝利のために
は必要ない。

そのあたりの姿勢が、一般のファン(特に中日以外)や、経営側と摩擦を生
じようとも意に介しません。

ペナントレースと日本シリーズで優勝するためには、その他の多くのことを
犠牲にしなければならないという決意は徹底しています。

■その象徴が、2007年の日本シリーズ第5戦で、完全試合目前の山井投
手を下げて、岩瀬投手をリリーフに出したことです。

落合監督はこの試合に勝てなければ、シリーズの流れが変わると読んでいた
ようです。

だから、どうしても勝ちたかった。

ただし、日本シリーズで完全試合を成し遂げて、そのまま優勝するという史
上初の快挙も重要です。

あの時、多くのファンや野球人が、山井投手の続投を望んでいたことでしょう。

うがった見方をすれば、もし、山井続投が裏目に出て、そのままシリーズを
落とすようなことがあっても、落合監督の采配を責めるような場面ではあり
ませんでした。(たとえ、山井投手のマメがつぶれて、限界がきていたとし
ても)

それでも彼は、自分の信念を曲げずに、勝利に向けた最善の策をとりました。

これが落合野球そのものです。

■落合氏は「勝利の方程式」という便利な言葉にも疑問を呈しています。

たとえば、阪神タイガースでいえば、藤川球児を出して、負けたのなら仕方
がないという風潮があります。

なぜなら、それがタイガースの勝利の方程式だから。そこまで持ち込んだら、
後は監督の責任ではないという考えです。

しかし、落合監督は、そんなのは監督の責任逃れに過ぎない。と言います。

どんな状況であろうと、負けは監督の責任である。それならば、監督は、方
程式などに逃げずに、その時、その時の最善の策をとるべきだと。

ファンが納得する、ましてや評論家が納得するなど関係なし。最善の策は自
分で決めるという信念です。

これがオレ流というものならば、全くもって正論です。

■こういう人は強いですよ。

なにより、揺るぎない目標を持っている。

目標の明確さが、そのまま信念の強さとなっています。

要は、自分の目標を貫けるかどうか、ぶれないかどうかです。

これは、我々一般人にも大いに教訓となります。

どんな目標であれ、明確に定めた者は、判断が揺るぎません。

まさに「成果を上げる唯一の秘訣は、成果とは何かを知ることである」

よきにつけ、悪しきにつけ、我々の成果は、最初の目標に規定されるわけです。

■だから、最初の目標が大切になります。

ただし、多くの人は、その目標を決めきれずに逡巡しています。

間違った目標決めをすると、取り返しがつかないと思うからですね。

私にもそういう傾向がありますので偉そうなことはいえません。

でも、成果を得られるのは、目標を明確にした者だけだというセオリーを真
剣に捉えなければなりませんね。

私に言っておきます。

■落合博満も、野村克也も、若いうちに明確な目標を持った人たちです。

ところが、落合監督と野村監督では、その目指すところが微妙に違うらしい。

落合監督は、勝利を提供することこそが、ファンに報いることだと考えてい
ます。

野村監督も同じでしょうが、彼は、同時にプロらしいプレーや采配を見せる
ことがファンに報いることだと考えているようです。

どちらかというと落合監督は結果優先、野村監督はプロセス優先ですかね。

もっともこれは二人の自己顕示欲の性質の違いかも知れません。

私は「目的」を明確にすることが戦略的思考の重要要素だと考えていますが、
それは相当、人間個人の本質に根ざしたことなのでしょうね。

■プロ野球は長らく、日本におけるプロスポーツの王様でした。

だから、プロ野球選手になれるのは、日本でも有数の基礎体力と才能を持っ
た人たちです。

その中でも、一流になれる人、なれない人たちが存在します。それは、単に
才能の大小ではないはずです。

ドラフト3位でロッテに入団した落合博満も、テスト生で南海に入団した野
村克也も、当初からトップクラスの資質を持っていたわけではないでしょう
から、決して恵まれていたわけではありません。

才能に任せて漫然と野球をしているだけなら、決して一流にはなれいことを
彼らは知っていたことでしょう。

だから、目標を明確に定め、そこに向かって一点集中しなければならなかっ
たはずです。

その過程では、家庭を犠牲にしなければならなかったのかも知れません。あ
るいは、その他の才能や可能性を犠牲にしたのかも知れません。

それでも、目標に集中しなければ、成し遂げられないと彼らは感じ、それを
守ってきた。

その結果が、今の彼らを形作っているはずです。

落合博満は、3度も三冠王をとりました。

並大抵のことではないですが、もしかすると、落合氏の中には、記録など形
になるものを残そうという意識が強いのかも知れません。

だから、記録という結果に残らないものは、排除するようになったわけです。

これに対して、野村克也は、王、長嶋というスター選手の影で、記録よりも
記憶に残る選手への憧れがあったのでしょう。

だから「どうせおれは月見草」とかいって、屈折した自己顕示欲を見せてい
ます。

それがユーモラスである時もあれば、生臭い時もありますが。

■落合監督と野村監督では、目標を実現する手法にも違いがあります。

野村監督は、戦力の差を、頭を使った奇策や奇襲で補おうとする「弱者の兵法
を得意としています。

これが私からすれば、非常に興味深く、面白い部分です。

ところが落合監督は、著作を読む限り、愚直なほど基本に忠実です。

彼は、勝率を高めるためには、奇策に頼るのではなく、普段通りの野球を続
けて勝てることが大切だと考えました。

普段通りの野球をして勝ち続けるためには、戦力を高めなければなりません。

そこで戦力を高めるための準備(キャンプでの徹底した練習や、調子のいい
選手の選択)を重視しています。

大雑把な分け方ではありますが、野村監督は弱者の戦略、落合監督は強者の
戦略ということになります。

そういえば、川上哲治監督も、森祇晶監督も、強者の戦略を志向しています。

野村監督が名将でありながら、記録として分が悪いのもうなづけます。

■もっとも「采配」という本には、戦術面のことが書かれていません。

基礎的な戦力勝負では、ソフトバンクに太刀打ちできなかったはず。

ということは、落合氏の野球の「基礎的戦略」には、数字に表れない独特の
視点があるのです。

恐らく、今後も監督の声がかかる可能性のある落合氏ですから、そのあたり
の秘密は明かさないのでしょう。

やはり、監督の戦術を明かすこともファンサービスの一環だ、と考える野村
監督とは違いますね。

勝負師としての落合監督の現場復帰を楽しみに待ちましょう。



コラム

blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

blog

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ