ビジネスの設計図を作ろう

2014.03.06

(2014年3月6日メルマガより)


■戦略とは、
目標に到達するための方向性のことだと前回申し上げました。

目標-現状=ギャップです。

そのギャップを埋めるための階段が、戦略だと私は解釈しています。

では、その階段はどのように設計するのか。が、今回のテーマです。

これも、いろんな方法があるのかも知れませんね。

人それぞれですから、いろんな方法があっていいと思います。

ですから、今回の話も、あくまで私の方法というつもりで聞いてください。

■私の場合、営業戦略を作る際には「ビジネス・ドメイン」を使用します。

ビジネス・ドメインは、一般的には「事業領域」と訳されることが多いのですかね。

ビジネスを行う上で、どの領域を選ぶのか。という非常に重要な概念が、ビジネス・ドメインです。

これも一般的な内容ですが、ビジネスを行う上で

(1)市場軸:誰が顧客か?という観点から事業領域を測る

(2)商品軸:扱い商品は何か?という観点から事業領域を測る

(3)技術軸:どのような技術があるのか?という観点から事業領域を測る

(4)機能軸:どのような価値を提供できるのか?という観点から事業領域を測る

(5)競合軸:競合他社との関係は?という観点から事業領域を測る

というのが、ビジネス・ドメインの設定方法です。

■抽象的で分かりにくいかも知れませんね。私もです^^;

このビジネス・ドメインをビジュアル化したのが、ビジネス・ドメイン図です。

そのままですが。

私は、図にして考えることが多いです。

いわゆる「鉄アレイモデル」です。
http://bit.ly/MMdxby

上の図を見てもらえば分かっていただけると思いますが、これは「誰に、何を、どのように」提供するのかを示したものす。

この図に沿えば、最少の言葉で、ビジネスの概要を語ることができるもので、いわば、ビジネスの設計図ですね。

■この図はとにかく使えますから、皆さんもぜひマスターしてください。

たとえば、駅前の花屋さんが、自分のビジネスを考えてみます。

どこから考えてもいいのですが、駅前立地だという特徴から発想してみます。

駅前立地なので、人通りが多い。だとすれば、帰宅するOLや会社員をターゲットにしてみよう。

顧客:駅前を利用する人。OL、会社員。帰宅客。

とすると、そういう帰宅客が求める価値は何だろう?花屋として提供できる価値は何か?

提供価値:花で生活に彩りを与える。自宅をよりほっとする空間に変える。

これが決まれば、4P(マーケティングミックス)を発想しやすくなります。

商品:花をアソートしたバスケット。残り花で作る。

価格:ついで買いを促す価格。

チャネル:駅前店舗

プロモーション:「何もない日だから花を買いましょう」キャンペーン

なぜそれがライバル会社に比べて優れているのかというと、駅前立地だからついで買いを促せる。基本的に競合がない状態だらかです。

画像→http://bit.ly/1nfnnAg

■あるいは、この花屋の親戚に、ひまわり農家がいて、ひまわりの安定供給があるという事情があったとします。

何とかして、ひまわりを販売したい、ということでドメインを考えてみます。

ひまわりは、どのような価値を生むのだろうか?

ひまわりといえば、生命力あふれる花。太陽のイメージ。陽光あふれる地中海。どちらかというと、ヨーロッパのイメージ?

ということは、

顧客:イタリア料理店や欧風料理店→店を花で装飾したい。

と考えれば、需要があるのではないか。

提供価値:その花を、手頃な価格で安定的に供給できる。

だとすれば、4P(マーケティングミックス)は

商品:ひまわり

価格:手頃な価格

チャネル:店売りではなく、外商。

プロモーション:料理店をリストアップし、直接営業を行う。

なぜそれがライバル会社に比べて優れているのかというと、親戚の農家がいるので、安定的安価に提供できるから。となります。

画像→http://bit.ly/1kzOiIs

■以上は簡単な仮説に過ぎませんが、ビジネス・ドメインの要素を一つ一つ埋めていくことで、ビジネスの全体像を設計することができます。

しかも、商品ごと、立地ごと、そのビジネスの強みや特徴ごとに、ビジネス・ドメインを作れば、より具体的な設計図を作ることができます。

いろいろなビジネス・ドメインを作った上で、それをまとめて、事業全体の戦略設計図としてください。

そうした発想のためのツールとして、この図を使うと、より機能的な戦略の設計図が出来上がります。

■戦略を作るのは、まずは「ビジネス・ドメイン」を設計すること。

ただし、それだけでは、戦略は完成しません。

ビジネス・ドメインは、いわば、戦略の平面図です。

それを立体的にするには、プロセスに落とし込んでいかなければなりません。

それは次回のメルマガに書きたいと思いますので、お楽しみに。

(2014年3月6日メルマガより)


■戦略とは、
目標に到達するための方向性のことだと前回申し上げました。

目標-現状=ギャップです。

そのギャップを埋めるための階段が、戦略だと私は解釈しています。

では、その階段はどのように設計するのか。が、今回のテーマです。

これも、いろんな方法があるのかも知れませんね。

人それぞれですから、いろんな方法があっていいと思います。

ですから、今回の話も、あくまで私の方法というつもりで聞いてください。

■私の場合、営業戦略を作る際には「ビジネス・ドメイン」を使用します。

ビジネス・ドメインは、一般的には「事業領域」と訳されることが多いのですかね。

ビジネスを行う上で、どの領域を選ぶのか。という非常に重要な概念が、ビジネス・ドメインです。

これも一般的な内容ですが、ビジネスを行う上で

(1)市場軸:誰が顧客か?という観点から事業領域を測る

(2)商品軸:扱い商品は何か?という観点から事業領域を測る

(3)技術軸:どのような技術があるのか?という観点から事業領域を測る

(4)機能軸:どのような価値を提供できるのか?という観点から事業領域を測る

(5)競合軸:競合他社との関係は?という観点から事業領域を測る

というのが、ビジネス・ドメインの設定方法です。

■抽象的で分かりにくいかも知れませんね。私もです^^;

このビジネス・ドメインをビジュアル化したのが、ビジネス・ドメイン図です。

そのままですが。

私は、図にして考えることが多いです。

いわゆる「鉄アレイモデル」です。
http://bit.ly/MMdxby

上の図を見てもらえば分かっていただけると思いますが、これは「誰に、何を、どのように」提供するのかを示したものす。

この図に沿えば、最少の言葉で、ビジネスの概要を語ることができるもので、いわば、ビジネスの設計図ですね。

■この図はとにかく使えますから、皆さんもぜひマスターしてください。

たとえば、駅前の花屋さんが、自分のビジネスを考えてみます。

どこから考えてもいいのですが、駅前立地だという特徴から発想してみます。

駅前立地なので、人通りが多い。だとすれば、帰宅するOLや会社員をターゲットにしてみよう。

顧客:駅前を利用する人。OL、会社員。帰宅客。

とすると、そういう帰宅客が求める価値は何だろう?花屋として提供できる価値は何か?

提供価値:花で生活に彩りを与える。自宅をよりほっとする空間に変える。

これが決まれば、4P(マーケティングミックス)を発想しやすくなります。

商品:花をアソートしたバスケット。残り花で作る。

価格:ついで買いを促す価格。

チャネル:駅前店舗

プロモーション:「何もない日だから花を買いましょう」キャンペーン

なぜそれがライバル会社に比べて優れているのかというと、駅前立地だからついで買いを促せる。基本的に競合がない状態だらかです。

画像→http://bit.ly/1nfnnAg

■あるいは、この花屋の親戚に、ひまわり農家がいて、ひまわりの安定供給があるという事情があったとします。

何とかして、ひまわりを販売したい、ということでドメインを考えてみます。

ひまわりは、どのような価値を生むのだろうか?

ひまわりといえば、生命力あふれる花。太陽のイメージ。陽光あふれる地中海。どちらかというと、ヨーロッパのイメージ?

ということは、

顧客:イタリア料理店や欧風料理店→店を花で装飾したい。

と考えれば、需要があるのではないか。

提供価値:その花を、手頃な価格で安定的に供給できる。

だとすれば、4P(マーケティングミックス)は

商品:ひまわり

価格:手頃な価格

チャネル:店売りではなく、外商。

プロモーション:料理店をリストアップし、直接営業を行う。

なぜそれがライバル会社に比べて優れているのかというと、親戚の農家がいるので、安定的安価に提供できるから。となります。

画像→http://bit.ly/1kzOiIs

■以上は簡単な仮説に過ぎませんが、ビジネス・ドメインの要素を一つ一つ埋めていくことで、ビジネスの全体像を設計することができます。

しかも、商品ごと、立地ごと、そのビジネスの強みや特徴ごとに、ビジネス・ドメインを作れば、より具体的な設計図を作ることができます。

いろいろなビジネス・ドメインを作った上で、それをまとめて、事業全体の戦略設計図としてください。

そうした発想のためのツールとして、この図を使うと、より機能的な戦略の設計図が出来上がります。

■戦略を作るのは、まずは「ビジネス・ドメイン」を設計すること。

ただし、それだけでは、戦略は完成しません。

ビジネス・ドメインは、いわば、戦略の平面図です。

それを立体的にするには、プロセスに落とし込んでいかなければなりません。

それは次回のメルマガに書きたいと思いますので、お楽しみに。

コラム

blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

blog

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ