中小企業が狙う中国市場とは

2005.01.20

(2005年1月20日メルマガより)

■サントリーが、中国のビール会社を買収するようです。

参照ください:ランチェスター関西ブログ

これにより、上海において、サントリーは51%のシェアを獲得する見込み
であるといいます。

51%といえば「絶対的寡占市場」を獲得すると思われます。

サントリーといえば、日本国内においては、ビール大手の一角に数えられま
すが、市場シェアでいうと、完全な弱者です。

しかし、中国においては、一発逆転も可能でした。

なにしろ、手付かずの巨大なマーケットがこれから立ち上がろうとしている
のです

まさにゴールドラッシュですね。

■もちろん、中国に進出するのは、サントリーだけではありません。

猫も杓子も...といえば、失礼ですね。。。

でも、新聞を見る限り、製造業も、サービス業も、外食産業も、軒並み進出
しようとしています。

少し前の「中国脅威論」が嘘のようです。

■中国の人口は、2000年現在、約13億人。日本の約10倍です。

GDPにおいては、日本の1/3程度ですが、これも、2020年頃には逆転す
る予測です。(ゴールドマンサックスによる)

それどころか、2050年には、アメリカのGDPも抜いて、世界1位の経済大
国になると予測されています。

こんな予測を前に、手をこまねいているわけにはいきませんよね。。。

■中国をお客さんと捉えだしたのは、大企業だけではありません。

中小企業も進出を始めています。

製造業が人件費低減のために進出するわけではありません。

中国をお客さんだと認識し始めたのです。

■大前研一氏は2002年出版の「チャイナ・インパクト」の中で、中国=お客
さん論を展開しています。

あの本のすごいところは、中国市場を6つの経済圏に分けて提示しているこ
とです。

(東北三省、北京・天津回廊、山東半島、長江デルタ、福建省、珠江デルタ)

ランチェスター戦略では、市場シェアを「ある局面」で捉えます。

だから、殆どの企業にとって、中国全土という市場シェアは無意味です。

その意味で、大前氏のいう6つの経済圏はとても参考になります。

■もうおわかりでしょうか。

生産力がない、人員がいない、資金がない...そんな中小企業にとっても、巨
大な中国市場を細分化することによって、対処可能なサイズにすることがで
きます。

6つの経済圏をさらに細分化することが肝要です。

■また、中国の人々は所得水準が低いので、日本の製品は売れない...と思う
向きがあるかも知れません。

しかし、中国にも10万ドル以上の資産を持つ富裕層が5000万人存在するとい
われています。

物価水準の低い中国において10万ドルはすごい資産です。

5000万人といえば、中国の人口の4%弱ですが、日本に置き換えると、40
%程度になります。

そんなすごいマーケットが広がっているんですよ!

地域の細分化、さらに、顧客層の細分化をすることで、狙うべき市場が見え
てくるでしょう。

■トヨタは、中国で高級車「レクサス」専売店を展開する方針です。

双日はベンツやBMWなどの高級車を改造するサービスに乗り出しました。

工業製品だけではありません。

佐賀県は県内産の高級イチゴ「さがほのか」を中国市場で販売する計画をた
てています。一般的なイチゴの2倍以上するものですが、それでも味にうる
さい富裕層には受け入れられると見込んでいます。

食材でいえば、日本から中国への2003年のアワビ加工品の出荷額は約22億円
と、10年前の2倍近い水準に増加しています。
日本では生のアワビが珍重されますが、中国では干しアワビが高級食材とさ
れています。岩手県・三陸沖産は1個数万円の値がつくこともあるそうです。
(NIKKEI NETを参照しました)

■いかがでしょうか。

ノウハウがない?

私の友人にも、中国へ渡って活躍している者がいっぱいいますよ。

そんなときにこそ、専門家をご利用ください。

追記:

話は変わりますが、私の知人で、ある国へ日本の商材を販売するビジネスを
画策している者がいます。

彼が目をつける商材は「オタク・グッズ」です。

某国でそんな商材が売れるのかよーーと思うのですが、彼によると、十分勝
算があるとのこと。

なんせ、彼は、その国で生まれ育った日系2世です。

その国のマーケットのことは熟知しているのだと自信満々です。

なんせ、どの店のどのオヤジに売るんだと、そこまで考えているようですか
ら。

なんか、アグレッシブな彼を見ていると、必ず成功するような気がしてきま
すねーー

中小企業や個人ビジネスの強みは、このフットワークの軽さです。

こんなビジネス、大企業では、絶対成り立たないでしょうから。

(2005年1月20日メルマガより)

■サントリーが、中国のビール会社を買収するようです。

参照ください:ランチェスター関西ブログ

これにより、上海において、サントリーは51%のシェアを獲得する見込み
であるといいます。

51%といえば「絶対的寡占市場」を獲得すると思われます。

サントリーといえば、日本国内においては、ビール大手の一角に数えられま
すが、市場シェアでいうと、完全な弱者です。

しかし、中国においては、一発逆転も可能でした。

なにしろ、手付かずの巨大なマーケットがこれから立ち上がろうとしている
のです

まさにゴールドラッシュですね。

■もちろん、中国に進出するのは、サントリーだけではありません。

猫も杓子も...といえば、失礼ですね。。。

でも、新聞を見る限り、製造業も、サービス業も、外食産業も、軒並み進出
しようとしています。

少し前の「中国脅威論」が嘘のようです。

■中国の人口は、2000年現在、約13億人。日本の約10倍です。

GDPにおいては、日本の1/3程度ですが、これも、2020年頃には逆転す
る予測です。(ゴールドマンサックスによる)

それどころか、2050年には、アメリカのGDPも抜いて、世界1位の経済大
国になると予測されています。

こんな予測を前に、手をこまねいているわけにはいきませんよね。。。

■中国をお客さんと捉えだしたのは、大企業だけではありません。

中小企業も進出を始めています。

製造業が人件費低減のために進出するわけではありません。

中国をお客さんだと認識し始めたのです。

■大前研一氏は2002年出版の「チャイナ・インパクト」の中で、中国=お客
さん論を展開しています。

あの本のすごいところは、中国市場を6つの経済圏に分けて提示しているこ
とです。

(東北三省、北京・天津回廊、山東半島、長江デルタ、福建省、珠江デルタ)

ランチェスター戦略では、市場シェアを「ある局面」で捉えます。

だから、殆どの企業にとって、中国全土という市場シェアは無意味です。

その意味で、大前氏のいう6つの経済圏はとても参考になります。

■もうおわかりでしょうか。

生産力がない、人員がいない、資金がない...そんな中小企業にとっても、巨
大な中国市場を細分化することによって、対処可能なサイズにすることがで
きます。

6つの経済圏をさらに細分化することが肝要です。

■また、中国の人々は所得水準が低いので、日本の製品は売れない...と思う
向きがあるかも知れません。

しかし、中国にも10万ドル以上の資産を持つ富裕層が5000万人存在するとい
われています。

物価水準の低い中国において10万ドルはすごい資産です。

5000万人といえば、中国の人口の4%弱ですが、日本に置き換えると、40
%程度になります。

そんなすごいマーケットが広がっているんですよ!

地域の細分化、さらに、顧客層の細分化をすることで、狙うべき市場が見え
てくるでしょう。

■トヨタは、中国で高級車「レクサス」専売店を展開する方針です。

双日はベンツやBMWなどの高級車を改造するサービスに乗り出しました。

工業製品だけではありません。

佐賀県は県内産の高級イチゴ「さがほのか」を中国市場で販売する計画をた
てています。一般的なイチゴの2倍以上するものですが、それでも味にうる
さい富裕層には受け入れられると見込んでいます。

食材でいえば、日本から中国への2003年のアワビ加工品の出荷額は約22億円
と、10年前の2倍近い水準に増加しています。
日本では生のアワビが珍重されますが、中国では干しアワビが高級食材とさ
れています。岩手県・三陸沖産は1個数万円の値がつくこともあるそうです。
(NIKKEI NETを参照しました)

■いかがでしょうか。

ノウハウがない?

私の友人にも、中国へ渡って活躍している者がいっぱいいますよ。

そんなときにこそ、専門家をご利用ください。

追記:

話は変わりますが、私の知人で、ある国へ日本の商材を販売するビジネスを
画策している者がいます。

彼が目をつける商材は「オタク・グッズ」です。

某国でそんな商材が売れるのかよーーと思うのですが、彼によると、十分勝
算があるとのこと。

なんせ、彼は、その国で生まれ育った日系2世です。

その国のマーケットのことは熟知しているのだと自信満々です。

なんせ、どの店のどのオヤジに売るんだと、そこまで考えているようですか
ら。

なんか、アグレッシブな彼を見ていると、必ず成功するような気がしてきま
すねーー

中小企業や個人ビジネスの強みは、このフットワークの軽さです。

こんなビジネス、大企業では、絶対成り立たないでしょうから。

コラム

blog

代表者・駒井俊雄が発行するメルマガ「営業は売り子じゃない!」
世の中の事象を営業戦略コンサルタントの視点から斬っていきます。(無料)

記事一覧

blog

記事一覧

講演・セミナー実績

Customer Voice

記事一覧

このページのTOPへ